風の吹くまま、気の向くまま2

Create-spサイト管理人の日常を気ままに・・・・

忘れないでね


別窓 | 気ままに | コメント:0
∧top | under∨

ペットボトルトマト


芽が出ましたよ!
別窓 | 菜園 | コメント:0
∧top | under∨

数独

本日ほとんど寝ていました
起きていた時の出来事

昼食前

数独!
ビフォアー
DSC_0761.jpg

アフター
DSC_0762.jpg

夕食前
トウモロコシの種まき

以上!

早くパラグライダーやれるようになるといいのですけど・・・・
別窓 | 気ままに | コメント:0
∧top | under∨

DSC_0754.jpg DSC_0755.jpg
DSC_0756.jpg

今日もキュウリ2本収穫
DSC_0758.jpg

30日大根4個
人参の葉一握り
DSC_0752.jpg
人参の葉は、炒めて、塩ちょっと振って食べてます
独特の青臭さありますが、
わが娘も食べてます・・・・

花は、ナスの花です
DSC_0753.jpg

別窓 | 気ままに | コメント:0
∧top | under∨

キュウリの収穫開始!

梅雨の晴れ間、
今季もキュウリの季節がやってきました!
DSC_0748.jpg DSC_0749.jpg

別窓 | 菜園 | コメント:0
∧top | under∨

求人募集

ここで募集する気はないのですが
情報あったら教えて下さい~

私の管理する職場
人手なくて困ってます

介護支援専門員(ケアマネ)
社会福祉士
看護師、准看護師
理学療法士、言語聴覚士
介護福祉士

すべて急募
皆さんの周りにいませんか?
勤務地春日井です

失業者が多いと問題のご時世
なぜこない?
別窓 | 介護老人保健施設 | コメント:0
∧top | under∨

雨ひと段落の日曜日

カボチャの大きな花が咲きました
雄花です
DSC_0739.jpg DSC_0740.jpg

雌花が咲いたら、9時までに受粉するのがいいそうですが
肝心の雌花は咲いていません
DSC_0745.jpg

雄花・・・咲くタイミング悪すぎ!

キュウリ・トマトも順次花が咲いています
もう2週間もすれば収穫できるかなぁ
DSC_0742.jpg DSC_0743.jpg
DSC_0744.jpg

30日ダイコン一本採れました
DSC_0747.jpg
大根、人参、ジャガイモは
土の中にあるので、採れ時が良くわかりません・・・
別窓 | 菜園 | コメント:0
∧top | under∨

御池岳 下り編

6月14日 御池岳登山からの後篇です

12時17分 奥の平
頂上から南東に少し下ると
木のほとんどない草原に出ます
夏のスキー場のように広く、涼しい風が吹いています
きっと休日は人がいっぱいでにぎわいそうな感じです・・・・
でも、平日なので、見渡したところ私以外に3名ほどしかおりません
DPP_120614_027.jpg DPP_120614_028.jpg
DPP_120614_030.jpg DPP_120614_031.jpg

12時30分 ボタンブチ
登り斜面の反対斜面になりますが、ほとんど崖になっています
高所恐怖症の私は、覗き込むことはできません
ここで、30分ほどランチタイム!
御池岳は、
はじめての登山で、
思った以上に時間はかかってる
そして、人気(ひとけ)はない
帰りのルートは別ルートと
なんだかんだで短めの休憩で
13時には出発です
DPP_120614_032.jpg DPP_120614_033.jpg

13時20分 日本庭園通過
頂上に戻り、鈴北岳へ向かいます
だだっ広い草原が続きます
車では来られないこの場所だけに、頑張って登ってきた人だけの風景だと思うと気持も昂ります
DPP_120614_036.jpg DPP_120614_037.jpg

13時28分 鈴北岳頂上 1182m
草原の丘のような場所です
DPP_120614_039.jpg DPP_120614_043.jpg

ちょっと先に足を延ばすと・・・・
シカにご対面!
しかも、5匹も
カメラのシャッターを急いでオスと
勢いよく逃げられました・・・・なので写真は1枚だけ
望遠レンズにしとけばよかったとちょっと後悔
DPP_120614_041.jpg

14時01分 1056m
鈴北岳から下り続けここまで、所々木はありますが
視界の開けたところを下り続けます
人は、相変わらず誰とも会いません・・・・・
DPP_120614_045.jpg DPP_120614_046.jpg

14時49分 鞍掛峠 791m
1000mを切ったところから林に入り
下り勾配もきつくなります(登りほどではありませんが・・・)
後は、ゴール目指して下るのみ
ただ、石がごろごろしてるので、勢いがつきすぎないよう
細かい歩幅で下ります
DPP_120614_048.jpg

15時17分 鞍掛トンネル東口駐車場
無事、駐車場へ
6時間20分の工程終了!
DPP_120614_049.jpg DPP_120614_050.jpg

大満足の1日です
後は気をつけて自宅まで・・・・・
この後、数日、筋肉痛になるのは、軽く想像できます!
別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨

御池岳 登り編

6月14日 御池岳・鈴北岳の記録 頂上まで・・・

8時59分 鞍掛トンネル東口を出発
国道を下ります
DPP_120614_001.jpg

9時16分 コグルミ谷登山口
急な登りが続きます
DPP_120614_002.jpg
   
新緑に励まされながらどんどん上がります
DPP_120614_004.jpg DPP_120614_006.jpg

10時05分 長命水
わき水で喉を潤します
まだまだ先は長いです
ここからしばらくは、本来の登山道崩落のため、う回路を案内に従って進みます
DPP_120614_008.jpg

10時21分 5合目
出発から1時間半でようやく5合目です
谷沿いに急斜面を斜めに尾根に向かって登りますが
足元の踏み跡の道は4~50センチ程度
雨の翌日で滑りやすいのもあり結構注意が必要です
DPP_120614_010.jpg

10時38分 6合目
ここから左に行くと藤原岳に行けるようです
今回は、御池岳をひたすら目指します
DPP_120614_012.jpg

10時59分 緑も薄くなり、気持ちも新鮮????
DPP_120614_015.jpg DPP_120614_016.jpg

11時00分 7合目
このあたりから急な登りも一息ついてきます
DPP_120614_017.jpg

11時12分 8合目
途中苔に覆われた石の風景も
DPP_120614_018.jpg DPP_120614_019.jpg

11時27分
2匹のリスに遭遇
私の姿を知ってか知らずか しばらく2匹で遊んでいました
DPP_120614_021.jpg DPP_120614_022.jpg

11時34分 9合目 
頂上までもう一歩 
カタクリが登るほどに増えていき、そこここにあります
残念ながら、花の時期は終わっているのが残念ですが・・・・
DPP_120614_023.jpg

11時57分 出発から3時間でようやく頂上! 1247m
鈴鹿山脈の最高峰!
林の中を歩き続け、ここで初めて視界が開けるので、結構嬉しいです
石灰岩がゴロゴロし、少しだけ開けた場所になっています
ここまで、登り続け、
誰一人として出合いませんでした・・・・・
DPP_120614_024.jpg

下り編へ続く・・・・・      
別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨

御池岳 ルート

6月14日
鈴鹿山脈の最高峰、御池岳登山です

ルートはコグルミ谷から一気に山頂へ向かいます
20120614御池岳ルート

序盤戦は急な斜面を登っていくので
かなりきついですが、登りきった時の開けた草原はとっても気持ちいいです
平日だけあって、人も数名しかいません

帰りは、登りほどの急斜面ではないのでのんびり帰れます
私のように、普通並みの体力の人は鞍掛峠から登って、同じルートを戻る方がずいぶん楽かもしれません
間違っても、登ったルートを下るのはお勧めできません・・・・・

全行程、12.5キロ、休憩時間含め6時間半でした
山歩きガイドにある歩行時間5時間は休憩時間を入れない時間数なんですね・・・・
と、帰ってきてから気づきました・・・・
コグルミ谷登山口529m→御池岳1247m→奥の平1241m→鈴北岳1182m
1111.jpg
222.jpg
555.jpg
別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨

登山 御池岳 鈴北岳


レポート後日報告します
別窓 | 未分類 | コメント:0
∧top | under∨

双子じゃないよ!

123.jpg

一人っ子です!
別窓 | 気ままに | コメント:0
∧top | under∨
| 風の吹くまま、気の向くまま2 | NEXT