風の吹くまま、気の向くまま2

Create-spサイト管理人の日常を気ままに・・・・

紅葉の養老山

紅葉真っ盛りの養老公園、いざ山頂へ!
DPP_121130_005.jpg DPP_121130_006.jpg
どうやら笙ヶ岳への山道は当分通行止めのようです
そして、登山口で入山届を出す際係りの人が
昨日、テントの中で亡くなった方がおられるということでした
・・・・笙ヶ岳でのことだそうなので、本日は養老山だけを目指します
DPP_121130_003.jpg DPP_121130_001.jpg
この分岐を左に回り上ること10分で三方山です
DPP_121130_008.jpg DPP_121130_009.jpg
ここからの眺めが結構いいです。
かすんでいるのが残念ですが・・・・
DPP_121130_011.jpg DPP_121130_013.jpg
そして小倉山
広場がありますが行は、養老山へ急ぎます
DPP_121130_014.jpg DPP_121130_015.jpg
養老山頂 眺めはありません・・・・・
DPP_121130_017.jpg DPP_121130_016.jpg
養老山脈は縦走がでいるようで、登山道はかなり先まで伸びています
まあ、この先は来年の楽しみにとっておきます
DPP_121130_018.jpg DPP_121130_021.jpg
小倉山まで戻り休憩です
歩いているときは、長そでシャツ一枚で十分ですが
休憩となると、フリース、ジャケット着込んでもまだ寒い感じです
ネックウォーマーと毛糸の帽子を持ってくるべきでした
今日のお荷物は下の通り
やけに大荷物?
昔、と言っても20年も前の話ですが
水切れで痛い目にあったことがあるので
それ以来、いつも3リットルは抱えて上ります
あと、レインコートが結構かさばる感じです
でも、冬にはスノーシューも控えているので重装備で体力トレーニングの意味もあります・・・・
DPP_121130_020.jpg DPP_121130_100.jpg
そして下界へ戻ります
紅葉がきれいなのは公園付近だけでありました・・・・・
DPP_121130_026.jpg DPP_121130_025.jpg
DPP_121130_023.jpg

別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨

養老山トレッキング

11月30日仕事の代休がとれたので養老山に行ってまいりました
前回夏前に行ったときは、
ヒルに刺されるわ、崩落で進めないわで散々な目に遭いましたが、
どうやら、登れるという情報をネットで嗅ぎつけ、
今シーズン最後のトレッキングは養老山となりました

紅葉の時期ということもあり、
養老公園内は見事な紅葉
写真は、後日・・・・・

とりあえず今回はコース記録のみ、報告で

トータル歩行距離 13.7Km
高度の上昇・下降 1145m
タイム 7時間50分
養老山頂高度 859.3m


こんな感じです
DPP_121130_200.jpg
0120121130養老山01
0120121130養老山02
0120121130養老山03

別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨

貝月登山 10月10日下山編

寒い中、山頂での食事です
今回の登山、曇り空の中、
この食事のために来た感じです
DPP_121010_017.jpg DPP_121010_018.jpg
下山は、夏場に登った際の同様のルートで、道もしっかりしていますので
迷うことなく、休憩を長めにとり下ります
登りは、どれだけ時間がかかるか読めなくて先を急ぎましたが
下山は、3時間もあれば降りられることが分っている分安心です
DPP_121010_020.jpg 小貝月、第二リフト頂にも勿論立ち寄ります
DPP_121010_022.jpg DPP_121010_023.jpg
こちらは第一リフト頂 もう少しでゴールです
DPP_121010_026.jpg
下山時刻16:00
今までの中では一番充実のトレッキングです!
DPP_121010_027.jpg
全体のルートは下記の通り・・・・・
「行きは怖いが、帰りはよいよい」でした
20121010貝月山ルート

別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨

貝月登山 10月10日登頂編

貝月山登山 
写真の整理がついたのでアップします

今回は、日越峠へ回り込んでのルートなので
朝7時にいつものゲレンデを出発です
ずいぶんと、見なれた風景
パラグライダー、スキー、スノーシュー、登山と長年お世話になっております
DPP_121010_001.jpg DPP_121010_002.jpg
まずは、ゲレンデを抜け日越ルートの登山道へ抜けようとしましたが
坂内ゲレンデが閉鎖状態で手入れされていないため
早々に、引き返し、車道への遠回りを迫られます。
「ふれあいの森林」からが入り口のようです・・・・
DPP_121010_005.jpg DPP_121010_007.jpg
しばらく、落石による車両進入禁止の車道を登りますが
ビックリするくらい、登るに従い道が荒れていきます
最後は、アスファルトが、さざ波のように波打つ感じです
税金で整備した当初は綺麗だったんでしょうが、もうちょっと工事の仕方があったんでないかと思うほどです
写真以上にひどくなっていきますので、ある意味、一見の価値あります
そして、落石のため、地図通りの登山道となっていません
引き返したり、う回路に入ったりと、
登りは散々な感じで、早めに出発してよかったです
DPP_121010_011.jpg DPP_121010_014.jpg
ここからが本当の山道ですが、階段が整備されていますので
山頂までは1時間程度で登り切れます
DPP_121010_012.jpg DPP_121010_015.jpg
登頂は、出発から4.5時間
迂回していなければ3時間で登れたと思います
山頂は雲に覆われ、寒い・・・・・
DPP_121010_016.jpg

別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨

貝月山周遊コース

20121010貝月山ルート01
昨日の貝月山周遊のコース記録です
前半、地図通りに道はなく、途中途中引き返す羽目に・・・・
いろんな道を探りながら登るのも意外と楽しいです!
トータル歩行距離 15.6Km
高度の上昇・下降 1251m
タイム 9時間10分
貝月山山頂高度 1234.3m
20121010貝月山ルート02
20121010貝月山ルート03

別窓 | トレッキング | コメント:0
∧top | under∨
| 風の吹くまま、気の向くまま2 | NEXT