完走、秋の富士五湖ウルトラマラソン118キロ

筋肉痛の増大とともに、昨日の感動をかみしめています。
丹後で関門通過ならず、スタート前から完走できない可能性が高かった富士五湖118キロ

コースは富士五湖すべてをめぐります

制限時間は通常100キロ14時間に対して18キロ延びてるのに15時間
今回の作戦は、40キロ分割5時間×3
最初は貯金込みで4時間半
次は5時間、残り38キロを5時間半を目標ペース配分としました。
しかしながら想定外の展開、、、
丹後の反省から、足つり防止で、栄養補給と塩分摂取はタブレットで十分に行うはずが
水分の取りすぎか食べすぎか?
タブレットの飲みすぎか?
それとも、足す多様にでる飲料の飲み合わせが悪かったのか?
しかも、膝痛の予防の為、ロキソニンをコーラで飲み込んだのが良くなかった
60キロ過ぎ、うどんを食べたあと
腹痛、嘔吐で、食べ物は受け付けず
水すら拒絶
残りのエイドは水のうがいだけで乗り切るはめに
途中棄権もよぎりながら、ただ雨の中を絶望感で進んでました

天気が良くなく、タイムロスにつながるので写真はほとんどありません

絶望感から一転して
完走を意識したのは100キロ通過地点
残り18キロ3時間あると分かったとき
10キロ90分、最後の急な上り3キロを入れても行けるかな?と

春の大会で、最後の5キロ
3キロは走れないほどの急な上り
2キロは死に物狂いで走れる下り
であることを体感してたのは
今回の完走につながる大きな要因だったと思います

ゴールは霧雨で幻想的な感じ
アナウンスは残り時間を伝えており
競技場手前で、名前を呼ばれたときには
諦めなくて良かったと感無量
制限時間間もない
14時間52分30秒で
ゴールテープを切らせていただきました。


Comments are closed.