84キロ関門でアウト

こんな事もある、とわかっていても残念

84キロの関門に1分間に合わず

82キロのエイドから

内股、脹ら脛、臀部の筋肉の痙攣が続いており

すでに諦めモードでしたが

観客から、

まだ間に合う!あと一分!

と、叫び声

聞けば100メートル程先が関門

ダッシュで走り込みましたが、

10メートル手前の信号が赤

係員が青になったらダッシュしてと

いってくれますが

青になる前に関門閉鎖のコールが虚しく響き

あえなく終了となりました

この場所だけ、

あと1キロ先関門、の標識なく

気がつくのが遅れたのがちょっと悔しい

でも通過できていても

この体の状態で完走は難しかったでしょう

なんせ、最高気温は31度超え

走る程に、体に熱がこもり

疲労感と、継続的に現れる筋肉の痙攣に

苦しめられる大会となりました

それにしても完走された方はすごいです

脹ら脛の筋肉みてても

贅肉のない足、贅肉をまとった私の物とは違います


Comments are closed.