呪われた100キロマラソン

ウルトラマラソン自体は楽しく参加してますが

何かが必ず起きる

日光ウルトラマラソンの時は、

翌日会議で休めず、自家用車で夜行、日光~大阪 そして職場についたとたん震度5強の地震

100キロ走って、夜間ずっと車の運転したあげく、電車が止まって徒歩で2時間の帰宅

次の四万十川ウルトラマラソン

エントリー後に仕事の関連施設で重要な監査があり、このときも100キロ走った後、車で夜通し四万十から瀬戸大橋を渡り日本海へ抜け京都の東舞鶴まで移動

そして、寝ずの仕事の上

仕事後はレンタカーを返すため大阪まで移動

そして今回

富士五湖ウルトラマラソン

前回のこともあり大会翌日は有休を申請

これでいけると思いきや

前日午前中に大阪で外せない仕事が、、、

金曜には名古屋に入り余裕をもって富士五湖まで移動、早朝スタートまでは睡眠を十分にとるはずが、、、

土曜日午前中仕事をし、その後新幹線で名古屋、自宅にもどり、夕方から夜に車で移動、そして睡眠不足のまま100キロを走る事に

毎回走る前後もウルトラなウルトラマラソンのです(泣)


Comments are closed.