自然の中を堪能

最後には
苦しかった事よりも
印象的な風景が記憶に残る
だから、また走ろうかと思ってしまう〜
白川郷をスタートして
日の出前の薄暗がりの中、合掌村集落を抜け
白山白川郷ホワイトロードで山の自然の中を通り
渓流沿いを抜け
廃線跡のサイクリングロード
海に通じる川の堤防沿いを
稲刈りの風景を眺めて日本海へ
海沿いで印象的な夕日をバックに走り
最後は街中へ
日も暮れてるのに
住民、スタッフの声援が
ゴールに近ずくにつれ大きくなって
最後は、お帰りなさいの言葉を受けゴールです。
100キロの道のりを簡単に
でも、スケールの大きさが伝わるようまとめて見ました^_^

20170913-235413.jpg

20170913-235424.jpg

20170913-235457.jpg

20170913-235512.jpg

20170913-235540.jpg
すいません
写真撮るほどの余裕がなくて
特に後半戦の写真は、
私の記憶にしかありません

他の大会の感想を掲載するサイトでは
堤防の道が長すぎるとか
飲み物がぬるいとか
暑いなど書かれてましたが
ウルトラマラソンなのであたり前な気が個人的にはしています。
飲み物冷えてたら、お腹壊しそうだから、
ぬるめのコーラの方がありがたいと思うのは私だけ?
白山白川郷ウルトラマラソンは、数ある大会の中でも、
ウルトラマラソンを満喫できる大会だと思います〜


Comments are closed.